新型コロナウイルス感染症への感染について【第2報】2021年9月10日(金)16時00分現在

皆様方へは大変ご心配ご迷惑をおかけしております。

2021年9月8日付の第1報でお知らせしました通り、当法人が運営するチームまるしぇ(瀬道町:生活介護事業所)におきまして、2021年9月7日(火)昼頃、ご利用者様が新型コロナウイルス感染症への感染が確認されました。

その後、佐世保市保健所の指示に基づき、接触が疑われる関係職員及びご利用者様合計約40名の方々に対しPCR検査が実施され、2021年9月9日(木)時点で2名の方の陽性、約30名の方の陰性が判明し、約10名の方が結果連絡待ちとなっております。

2021年9月7日(火)に陽性が判明されていた3名を含め、当該事業所における陽性者が合計5名となりましたのでクラスター事案として認定されました。

このことを重く受け止め、社会福祉法人としての使命と当法人に関わる全ての方々のことを考え、今回当該事業所名を公表することといたしました。

当該事業所におきましては、既に事業所内の消毒作業を実施し、佐世保市保健所とも協議した結果、2021年9月21日(火)まで閉所することといたします。

接触者または濃厚接触者と判定される可能性がある事業所職員・ご利用者様がいらっしゃる当法人内の事業所(一部)におきましても、事業所職員とご利用者様の安心・安全を第一に考え、下記の通り臨時閉所とすることといたします。

今回の事業所名公表は、これ以上の感染拡大を防止するためであります。陽性となられた皆様方につきましては、それぞれ療養施設にて蔓延防止に努めていらっしゃいますので、個人の特定等はご遠慮ください。

また、同一法人内であっても極力事業所間の行き来を制限し、会議等についてもWEB開催を原則としておりました。このことにより、当該事業所との行き来がないことが確認できている事業所については現在も引き続き開所しておりますことについてもご理解いただけたらと思います。

当法人といたしましては、今回陽性となられた方や陰性ではあるが自宅待機等を要請された方々に対しまして、引き続き佐世保市保健所をはじめ各関係機関と連携し、健康観察をはじめ必要な支援を継続していく所存です。

今回の事案でご迷惑をおかけした地域の皆様、関係者の皆様には心よりお詫び申し上げた上で、今回の出来事を新たな教訓として引き続き蔓延防止に取り組んで参ります。

皆様方には多大なるご心配ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

                記

2021年9月10日(金)まで閉所
・チームごちゃまぜきっず(権常寺町:放課後等デイサービス・児童発達支援)

2021年9月12日(日)まで閉所
・チームわらびの里(瀬道町:就労継続支援B型)
・チームハーベストキッチン(瀬道町:就労継続支援B型)
・チームしおさい(大塔町:生活介護
・チームカフェハーベストキッチン(高天町:就労継続支援B型)

2021年9月21日(火)まで閉所
・チームまるしぇ(瀬道町:生活介護
 
※今後の状況により、閉所期間が変更となる場合もございます。
※各事業所を再開する際は、法人所有の抗原簡易キットを使用し、看護職員による
鼻咽頭ぬぐい液での検査を各事業所職員及びご利用者様へ実施し、すべての方の
陰性を確認した上で再開することとしています。
                                  
                                  以上

<新型コロナウイルスに関する問い合わせ先>
社会福祉法人宮共生会
担当:前田 京子
電話:090-7454-5531
  (窓口対応時間:9時00分~17時00分)
Mail:info@miyakyoseikai.or.jp